情報システム工学科 Department of Systems Engineering

学科お知らせ

一覧

領域を横断する知識と技術の融合で、
工学的価値を創出する技術者に。

高度情報化社会の情報システムは、ネットワークの基盤としてだけではなく、人や自然と工業製品との関係性においても、より利便性が高く、人や自然に優しい製品づくりを実現する基盤としても重視されています。

本学科では、コンピュータの発展に不可欠な情報工学、力学に重点をおいたものづくりのための機械工学、人と機械やコンピュータを結び付けるインタフェース工学などを修得。領域横断型のエンジニアとしてのセンスを持ち、新たな工学的価値の創出に積極的に参加できる人材の育成を目指しています。

4年間の共通教育で豊かな教養と外国語によるコミュニケーション能力を育成し、技術者としてグローバルに活躍できる基盤を形成。専門教育では基礎知識を修得したうえで、情報工学・機械工学・インタフェース工学に関する幅広い知識と応用力、機器設計の基礎能力を身に付けます。

卒業研究は、ソフトウェアや知的インタフェース、材料・エネルギー・機械などの幅広いカテゴリーからテーマを選択。修得した知識と技術を融合して活用しながら、独創性をプラスすることで問題解決に取り組みます。

学科長メッセージ

情報システム工学科で大学生活を謳歌しませんか。

本学科では、一生役に立つ真の実力としての論理的な思考力や表現力を育てるため、充実したカリキュラムを用意しています。特に、卒業研究では、それぞれの学問分野で活躍する本学科教員陣の熱心な指導の下、領域を横断する知識と技術の融合と学生諸君の独創力を発揮する最先端の研究を通じて、高度情報社会の発展に貢献できる能力を養成します。また、海外有名大学の関連学科との学科間の学術交流協定も締結され、グローバル社会で活躍できる人材の育成に積極的に取り組んでいます。皆さん、本学科で大学生活を謳歌しませんか。

情報システム工学科 学科長 教授忻 欣

卒業後の進路

  • 大学院進学
  • 情報・通信業
  • 電気機器メーカー
  • 精密機器メーカー
  • 機械・輸送用機器メーカーなど
  • 情報通信工学科 Department of Information and Communication Engineering
  • 情報システム工学科 Department of Systems Engineering
  • 人間情報工学科 Department of Human Information Engineering
ページTOP